LINE
イメージ
ホーム > 省エネについて

新宿三井ビルディングの
CO2(温室効果ガス)排出量推移

新宿三井ビルディングにおけるエネルギー消費によるCO2排出量について、東京都の地球温暖化対策にしたがい、各種のCO2排出量削減に取組んでおります。
テナントの皆様におかれましては、今後もCO2排出量削減のため省エネルギー活動へのご理解並びにご協力を賜りますよう、何卒よろしくお願い申しあげます。

排出量単位(kg-CO2/m²)とは

「一定の活動を行う際に排出したCO2の量」を指し、新宿三井ビルにて消費される各エネルギー(電気・蒸気・冷水・ガス)の合計をCO2排出量(kg-CO2)に換算し、床面積(m²)で除した値となります。
  • 基準排出年度
  • 2018年度
  • 2019年度
  • 2020年度
  • 2021年度

(単位:kg-CO2/m²)

年間 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 年間
平均
基準排出
年度
10.0 10.3 10.9 11.4 12.9 11.0 9.9 9.7 10.3 10.8 9.8 10.6 10.6
2018
年度
7.2 7.3 7.1 9.9 9.9 7.3 7.2 7.1 7.7 9.0 7.6 7.6 7.9
2019
年度
7.1 6.9 6.7 7.9 9.8 7.7 7.2 7.2 7.6 8.3 7.3 7.6 7.6
2020
年度
6.3 5.4 6.9 7.3 8.6 7.6 6.4 6.3 7.8 8.0 6.8 7.4 7.1
2021
年度
6.6 6.0 6.7 6.4
年間 基準排出
年度
2018
年度
2019
年度
2020
年度
2021
年度
4月 10.0 7.2 7.1 6.3 6.6
5月 10.3 7.3 6.9 5.4 6.0
6月 10.9 7.1 6.7 6.9 6.7
7月 11.4 9.9 7.9 7.3
8月 12.9 9.9 9.8 8.6
9月 11.0 7.3 7.7 7.6
10月 9.9 7.2 7.2 6.4
11月 9.7 7.1 7.2 6.3
12月 10.3 7.7 7.6 7.8
1月 10.8 9.0 8.3 8.0
2月 9.8 7.6 7.3 6.8
3月 10.6 7.6 7.6 7.4
年間
平均
10.6 7.9 7.6 7.1 6.4

新宿三井ビルディングにおける主な省エネ対策項目

  • 1. 共用部廊下、ロビー階、地下駐車場照明の間引き
  • 2. 共用部照明一部LED化
  • 3. 階段室、給湯室、便所への照明人感センサーによる在室検知制御導入
  • 4. エスカレータへの自動運転方式導入および夜間運転停止
  • 5. 低層棟屋上への芝生敷設(屋上緑化)
  • 6. 便所にかかる対策(大便器への節水器具、省エネ型便座導入等)
LINE
© 2021 Mitsui Fudosan Co., Ltd.